report

活動報告
最終更新:  公開:

IT広報研修レポート②

講師の遠藤さん

パワーポイント講座を実施しました。

アマリンクス(AmaLinks)参加企業向けのIT広報研修第2弾として、2月3日にオンラインにてパワーポイント講座を開きました。

株式会社エアグラウンドでデザイナーを務める遠藤百笑さんを講師にお迎えし、パワーポイントによるスライド作成についての基本的な準備から、ソフトの操作方法、動画を埋め込む応用編まで、実践的な内容の講義となりました。

講師の遠藤百笑さん_2

パワーポイントはプレゼンテーションソフトとして、スライドをはじめ、企画書や図、チラシの作成などにも幅広く活用されています。企業では会議や社内外でのプレゼン、人材採用の企業説明会、展示会の企業ブースでの商品説明、オンラインミーティングなどスライドを使う機会も増えています。この講座はまず、ソフトを立ち上げる前の準備からスタート。遠藤さんは、いきなりスライドを作り出すのではなく、伝える対象や場面、スライドの用途といった情報を整理する準備の大切さから話し始めました。

次に、用途に合わせたサイズ比率やレイアウトに便利な設定など、スライドを使う場面を想定した各種機能の使い方も伝授しました。今日からすぐに生かせそうな具体的な内容です。

では、どんなスライドだったら見やすいのでしょうか。プレゼンテーションで「どちらが伝わるスライドか」を事例を挙げながら紹介するコーナーは、2択のクイズ形式で行われました。どちらにしようか迷うような回答が割れる設問があったり、一見良さそうな例でもよく見るとあちこちに改善すべき点があったりと、こちらも実践的です。フォントや文字サイズ、色使いなどにも丁寧な解説がありました。

スライド例

最後は、動画のスライド挿入方法です。このアマリンクス(AmaLinks)サイトの各企業ページでも掲載されている企業紹介動画を、各企業がいろいろな形で活用できるよう、スライドに動画を埋め込んで、上映の際に動画も見られるようにするパワーポイントの操作方法を説明しました。

質疑応答では、参加企業の皆さんからアニメーションの使い方や、スライドの適切な枚数など実務に際した質問が出されました。遠藤さんはそれに対し、数字を挙げながらわかりやすく回答。さらに、イラストやアイコンの素材で自分が普段使っている便利なサイトについても紹介しました。

受講した参加者からは「ちょうどいいレベルの内容だったと思います」「あらためて教えていただけて良かったです。スライドの選択問題では発見が多くて、勉強になりました」などの感想をいただきました。

※3枚目の画像「どちらが伝わるスライド?」の答えは……左側の「A」でした!

2021.2.3実施